個人保険の王道

約3,000種類ある保険。いろいろありすぎて迷います。

でも大丈夫。この図をご覧ください。どの方でも、基本はこの加入方式です。

必要な保障額が貯まるまでの間、一番安い掛捨て保険を期間限定で持つこと。

医療保険とがん保険は終身保障、終身払いで、保険料払込免除特約で加入。

保険で貯蓄を兼ねる場合、換金したいタイミングに最高返戻率が来る設定。

無駄な保険料を削減出来ますので、これを投資や貯蓄にまわす。

以上、これだけ。


医療保険の適正な設定額について

高額療養費制度を理解しましょう。

年収370万円~770万円の方 1医療機関1か月の医療費の上限 80,100円+(267,000円を超える金額の1%)=医療費300万円の場合、107,430円のみ。

年収1,160万円以上の方 252,600円+(842,000円を超える金額の1%)=医療費300万円の場合、274,180円

※食事代、リネン代、差額ベッド代、テレビ雑誌等の費用は実費加算となります。

※入院中の所得減を医療給付金で賄うこともあります。

※長期入院なら、なおさら必要です。

これらをふまえ、医療保険の保険金額の設定をしましょう。

がん保険は、診断給付金または一時金を300万円以上の保険金設定をしてください。

退院後に別途、高額な通院治療費がかかります。

最新記事

すべて表示

© 2020 Yutaka Kawanishi Wix.comを使って作成されました