新型コロナウィルス感染でもらえるお給料・店舗の休業補償

新型コロナウィルス感染が拡大しています。

個人の就業を不能にし、収入が激減したり失職したり、治療費も重なり生活を苦しめる。

お客様や従業員、或いは経営者が店舗に誤ってウィルスを持ち込み休業とせざるを得ない場合、売上損失、営業継続費用、施設の消毒費用、PCR検査費用、予防接種の費用がかかります。どちらも生活が破綻する可能性を秘めているのが新型コロナウィルス感染です。

厚生年金、社会保険に加入する会社にお勤めの方なら、4日から1年半の就業不能は2/3の給与が入ります。しかし、自営業者や国民年金、国民健康保険加入者にはそうした保障はありません。

25才の人が65才までに健康上の問題等で就業不能になる割合は7人に1人。

生活習慣病で医療機関に通う患者数は1,400万人。9人に1人。

新型コロナウィルス感染に限らず、就業不能になる確率は高く、その時、あなたは大丈夫ですか?

※平成29年度現金給付受給者状況調査報告書抜粋

※厚生労働省 平成27年都道府県別年齢調整死亡率の概況 三大疾病における年齢調整死亡率抜粋



新型コロナウィルス感染に対応した保険

特定感染症補償特約 500万円の保険金と100万円の費用保険金が出る


新型コロナウィルス感染 または 五疾病入院で年金支払い可能な保険

34才男性の事例 300万円の保険金の場合 月額保険料2,700円


詳細についてのお問合せ・ご質問は

LINEご相談・ご質問→ https://line.me/ti/p/Yz3qZRr6X8