がん保険に加入する人の理由

最終更新: 1月15日


がんは治る時代となりました。しかし、その治療費は・・・





不正ながん保険加入に注意

がん最先端医療の今

がん細胞は免疫細胞に自身を認識させず転移を拡げる能力があります。

しかし、免疫細胞にがん細胞を認識させ、がん細胞だけ攻撃できる治療法に“プロジーボ”があります。自身の細胞を培養し、がん細胞の攻撃能力を高めます。

2018年、国立がん研究センターで治験が開始された光免疫療法があります。

白血病やリンパ腫に成果が出るも、日本では未承認のタグラソフスプがあります。

遺伝子をトータルに調べ、分析結果に基づいて専門家が治療方針を検討、その人に最適の治療法を探すテーラーメイドなゲノム医療があります。

白血病の治療法にキムリアがあります。これは毎月約3,450万円の費用がかかりますが、高額療養費制度の適用は受けられます。しかし、適用後も高額な医療費が毎月必要です。

年収が370万円から770万円の方で月約40万円の負担となります。


2人に1人ががんに罹患する時代。退院後に必要な高額な治療費。

これは医療保険では賄えません。がん保険は、生命を繋ぐ保険となりました。


#がん #保険



がん保険の加入は早ければ早いほうがいい。

生涯、同じ保険料を払うなら、早く加入し、保険料払込免除特約を付ける

保険料は、加入年齢が何才からでも、平均寿命までの総支払保険料はほぼ同じ。

結論から言うと、同じ総支払保険料を支払うなら早くから加入したほうがよいということ。

特約に、がんに罹患すると以後の保険料が生涯無料となるのでなおさらです。


三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)に注意!

死因TOP3は三大疾病。しかし年々その死亡者数は減少傾向にあります。

日本は長寿大国となり平均寿命は男性約81歳、女性約87歳。医学の進歩は長生き人生をもらたしています。

半面、この三大疾病に繋がる生活習慣病は不健康な生活習慣の延長線にあり、生活機能の低下、障害、介護状態へと悪化していく場合もあります。

まさに“不健康な長生き時代”とも言えるでしょう。生活習慣病患者は年々増加し、生活習慣病でそれぞれ医療機関に罹っているという患者数の総合計は全国に1,400万人いるとされています。実に9人に1人は生活習慣病に罹っていることになります。未病、生活習慣病への注意は、まず毎日の規則正しい生活、運動、食生活の維持から始まります。


線虫検査(株式会社日立製作所、数千円)、唾液検査(株式会社サリバテック社、約3万円)、マイクロRNA(国立がんセンター、数万円)、リキッドバイオプシー(開発中)など、がん検診技術が誕生しています。がんに不安のある人は、検査と保険加入を考えてみてください。


LINE相談 → https://line.me/ti/p/Yz3qZRr6X8


最新記事

すべて表示